<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
野菜からでる芽
c0021213_23161185.jpg

アボカドから始まりついには人参の葉っぱを栽培し始めました。
野菜から出る芽はこんなに寒くても元気に育ってます。
c0021213_23251099.jpg

アボカドは、まったく気候の違うドイツ(しかも今は冬!)でにょきにょき芽が伸びているのは意外でした。

2代目アボカドも元気に育ってます。日照時間が少ないのに育て親がいいのか(自画自賛)枯れることなく初代も元気にこのとおり。

鉢のサイズと土を変えてないのでたぶんこのままの姿のはず。でも2代目は鉢の底にある穴から根がずるずると出てきたので本当は植えかえてあげたい・・・でも今は冬なのでもう少し我慢。

昨日は昼間に玄関前のベルが鳴るので出てみれば”GEZ”(ドイツ在住のかたはご存知のはず)の人がついにやってきました・・・。

テレビは持っていませんよ~と部屋を見せれば、アンテナがしっかり立っているコンポが見つかってしまい、しかも正直に「1年前から使ってます・・・」と答えて77ユーロ支払い決定。
まぁ、ラジオは聴いているしNHKの受信料と一緒でしょうか。それにしてもこんな出費が多くなる年末に・・・とほほ。
[PR]
by leckerbissen | 2006-11-29 23:38 | つれづれ
塩豚と切干大根の即席漬け
c0021213_22301499.jpg
昨日はひさびさにちゃんとしたご飯を作ったのが塩豚に野菜サラダ、いんげんの胡麻和えに味噌汁、そしてひじきご飯。ルクルーゼのお鍋を買って初めての味ご飯。ちょっと味が薄かったかけれど、ご飯は(日本米には負けますが)美味しく炊けてました。

胡麻和えは胡麻だれを作り置きしてあるのでとっても便利。塩豚の肉はいつもBio製品。この2切れで700円近くなるほど痛い出費ですが、味とやわらかさは本物。外食するよりはね・・・。


c0021213_2230139.jpg
こちらは切干大根の即席漬け。3分クッキングだったかなぁ、古い料理本の中から見つけて以来よく作ってます。乾物は本当に役に立つので帰国の際は必ず買ってます。

ここ数日、ドイツはとてもいいお天気!気温も高く例年よりも暖かく感じます。(ロングコートの出番が今のところナシ)。
日は相変わらず短いけど毎日太陽が見れるのは幸せ。
[PR]
by leckerbissen | 2006-11-28 22:46 | 晩ごはん
日本から持ち帰った料理本。その2+番外編
c0021213_232022100.jpg

その1からずいぶんと、あり?1週間以上!? 先週は何やってたっけ?と思い出せば、日本へ提出する書類の作成に追われてました。書類って簡単のようで見た目も重視、書き直し(打ち直し)の連続でした。編集作業に携わっている人って想像以上に大変そうです・・・

日本から持ち帰った残りの料理本は高山なおみさんの本。短い期間、さがして見つけたのがこの二冊。本当はじゃがいもの本も欲しかったんだけど発見できず。
”野菜だより”は野菜の保存方法も掲載されていてまた彼女独特のレシピで結構気に入ってます。
野菜だより
高山 なおみ / アノニマスタジオ
ISBN : 487758613X
スコア選択:



”高山なおみの料理”はすり鉢を使った料理(モンゴルだれが気になる~)、パンや餃子の皮の作り方など、写真もどかーんと大きく載っていて他の料理本にはない独特さ。
変に気取らず、そして素材をそのまま活かしているレシピがなんだか自然的で彼女の料理にもはまりそうです。
高山なおみの料理
高山 なおみ / メディアファクトリー
ISBN : 4840107106
スコア選択:

番外編
[PR]
by leckerbissen | 2006-11-27 23:41 | つれづれ
日本から持ち帰った料理本。その1
c0021213_2153189.jpg

スープの本は必ず!!と心に決めていたので(?)昔、図書館でよく見かけたこの本を購入。
気に入ったレシピをメモってはいたものの、日本ではそこまでスープは作らなかったので買わずにいたら今ではひっぱりだこ。今のところカリフラワーのポタージュ、とうもろこしのポタージュを作りました。これにパンがあれば、うちでは立派な朝食になるのでホント助かってます。
なんでもスープ
音羽 和紀 / 柴田書店
ISBN : 4388058351
スコア選択:


パスタは同居人ともに大好きなのでちょっとレパートリーを増やそうじゃないか、と思いこれは実は2冊目。1冊目は1人暮らししている弟がいつの間にか自分の本に・・・。日本でしか手に入らないような材料を使っているレシピもあるけど、わざわざネットで調べなくてすむのでこれも重宝してます。
365日スパゲティが食べたい
西巻 真 / 文化出版局
ISBN : 4579205391
スコア選択:
[PR]
by leckerbissen | 2006-11-18 00:00 | つれづれ
いちじくのジャム
c0021213_20592821.jpg
街ではもうクリスマスマルクトの準備が始まりました。(あぁ、もう今年もあとわずか・・・)
日もすっかり短くなり朝食の写真を撮るにも一苦労。←7時でも暗いので、自然光では撮れません。
無花果のジャムは以前の記事で”作りたい”なんて書いてあったような(8月下旬の記事)。で、実はスーパーで6個だったかな、パック入りの無花果が安く売っていたのでジャムを作っていました。
苺ジャムとは違ったきれいな淡いピンクでつぶつぶの食感もよく美味しかったです。もう今ではこのジャムも無くなってしまい、来年のシーズンを待つばかり。もっとたくさん作っておけばよかった・・・
[PR]
by leckerbissen | 2006-11-17 21:07 | つれづれ
水菜とお豆腐と牡蠣と・・・
c0021213_23165625.jpg
1ヵ月ほど更新をお休みしてしまいました、最高記録かも。
理由は先月はアメリカへ行って、その帰りにドイツへわざわざもどって翌日には日本へという強行スケジュール。しかもそれぞれ一週間しかない滞在でどちらも”ゆっくりお休みできました~”、とはいかず・・・。
とはいっても食べるものは食べてきてちょっと頬がぽっちゃりなったような。たった1週間ですから、寿司だの秋刀魚だの納豆だのお豆腐だの栗だのいっぱい(半分無理やり)食してきました。

c0021213_23171380.jpg
で、鍋好きの私としてはやわらかい豚肉も食べたくて、もちろん牡蠣も食べたくてアンコウも食べたくて、こちらでは食べれない食材が目の前にあるのは本当に幸せ。白菜ではなくて水菜でのお鍋は見た目もきれいで本当に幸せでした。
でも、日本はとても暖かかったです。こんなに秋は暑かったっけ?というくらい。昨日、ドイツに戻ってきたときの寒さは堪えました。でもこちらも例年より暖かいような?
今日からはドイツの冬をじっくり味わいながら、勉強とともにがんばりますかね。
[PR]
by leckerbissen | 2006-11-07 23:32 | 晩ごはん