リサとガスパール
c0021213_5442048.jpg

Gaspard et Lisa(仏)と出会ったのは3年以上前だったと思います、場所は 伊勢丹 新宿店の地下2階にあるBPQC。小さなコーナーでしたが絵を見て一目ぼれ。Anne Gutman(著)でGeorg Hallenslebenの絵が素敵です、子供になってしまいました、私。
でも日本語に翻訳された絵本はなんだか違和感があってやっぱりフランス語で書かれている洋書のほうがしっくりきました。大学時代は第2外国語を仏語でとっていたのでだいたい・・・わかりませんでした(苦笑)。
でもこの本、まさかドイツで手に入れるとは思いもしませんでした。

近所の本屋が閉店するのでいろんな本が結構お安くなっていました。山積みされた本の中から見つけるのが結構楽しくて、その中で見つけたのがこの本。
驚いたのが名前!!

Lisa → Nina
Gaspard →  Lukas

リサとガスパールじゃ駄目なのか、ドイツ・・・
文章ももちろんドイツ語ですが、初級レベルの私には大変わかりやすい内容でした。でも、最後はこんな終わりかたなのか??とちょっと疑問。英語版でもかなり翻訳が変えられているそうですし・・・。

ちなみに日本では1000円ぐらいするこの絵本、コーヒー1杯以下の1ユーロで買ってしまいました。フランスではもちろんこのシリーズの本がたくさん売っています。行きたいよーフランス!!
[PR]
by leckerbissen | 2005-10-23 06:18 | つれづれ
<< 枝豆ごはん ダブルバナナパンケーキ >>