食の安全について思うこと
c0021213_21332645.jpg

この街に来て近くのスーパーでお買い物をしていました。お水、パスタ、トマト缶など全てが安くて近いし便利と思っていました。
が、
以前、日本から友人のお母さんがドイツへ遊びに来たときにお話する機会があったのですが、安ければいいというものではない!という話になりまして・・・。
たしかに、安すぎるな~とは思っていました。例えば、パスタ500グラムは30セントです。大手のスーパーだと種類によりますが、99セントです。
食べ続けているとだんだん、これは本当に美味しいのか??と気付くようになりました。99セントのパスタのほうが断然美味しいんですよね。

怖かった話は友人がそこのスーパーで買ったレタスを1ヶ月ほど冷蔵庫に入れっぱなし(忘れていたそうです)の状態で出してみたら、全く状態が変わっていなかったということなんです。
つまり、腐ってもいなくて買った時の状態と一緒なんですって。
どんな薬を使っているかわかりませんね・・・。

いろんな話を聞いたり自分の口で確かめた結果、今は多少高くてもちょっと遠いスーパーへ買い物へ出かけてます。
安いことを選ぶか、食の安全を選ぶか、と考えるとやっぱり私は後者を選びました。自分の体と相方の健康のこと、あと「本当に美味しいもの」を食したいという気持ちがあったのでお金がかかっても体にやさしいものを、と思いました。

写真の野菜は市場で最近見つけたBIOの野菜です。このお店で最初に見つけたブロッコリーが日本で見たブロッコリーと同じ形、色をしていました。他の野菜も多少見た目が悪くても本当の野菜のように見えたので、これからこちらにお世話になろうと決めました。
[PR]
by leckerbissen | 2005-08-13 21:59 | つれづれ
<< また作ってしまいました オレンジケーキ >>